子供の勉強方法

子供は簡単な問題や計算ドリルや漢字のドリルはすらすらと解いていきます。式を求めるもんだいや文章問題になると問題を作った人の罠にまんまとはまります。理解できなければ解けないという落とし穴があるのです。数字をみて文章を読んで何を聞かれているかを答えなければ正解にならない。子供の塾のテキストを見ていると大人でもお手上げのような問題がたくさん出てきます。子供はすらすらと解くのですがつまずいた時が大変です。そしてだらだらとしてしまうのです。私はわからない問題もわかる問題もすべて時間をはかります。時間をはかる事で切り替えができるからです。はじめは子供も自分がその時間内にしようと必死になります。わからない問題だと逆にその時間を待とうとしてしまいます。でもわからない問題を何度も同じ時間内でさせると解けないと次に進めないようにするので解こうと考え始めるのです。そうした考えにいたるまで時間は掛かりますが、いろんな問題を混ぜながら自力で問題を解くという楽しみをわかってほしいと思っています。

>> 400以上の講座を自宅で学べる!日本最大級の通信講座・ケイコとマナブ

資格の勉強のコツ

関連エントリー

◆高校受験の勉強方法を教えます
◆受験勉強は、薄い問題集をたくさんこなそう
◆暗記ものはリラックス姿勢で
◆子供の勉強方法
◆覚え方について
◆私の通っていた塾の話。
◆塾で勉強をした思い出
◆役に立った資格とあまり役に立たなかった資格
◆役立った資格と役立たなかった資格
◆英語ができるからといって幸せとは関係ない
◆私が日本の英語教育について思うこと
◆英語の上達は留学が一番だと思う
◆宅建を持ってます
◆有機溶剤作業主任者の認定を受けられました
◆私の持っている資格
◆体験で農業をしてみたい
◆受験に打ち勝つには学習塾が欠かせない
◆以前より学習塾が多くなった気がします