覚え方について

"勉強には覚えなければいけないことがたくさんあるので、できるだけ覚えることが苦にならず時間がかからないような方法を自分で見つけることが重要です。由来から覚える、ゴロで覚える、書いて覚える、耳で覚えるなど複数の方法を使い分けたり併用すると効率的です。
まず由来と覚えなければいけない言葉の関わりが深く印象に残るものはそれらに関連づけて覚えます。たとえば英単語であれば語源から覚える方法がこれにあたります。
地名や歴史の人名のように、覚えなければいけない言葉がそう呼ばれるようになった理由がないものは、関係する知識から理由をこじつけて覚え、それが難しいものは単純に繰り返して記憶します。
そして覚えたことを一定期間経ってもまだ覚えているかどうかを時々確認します。"

>> 400以上の講座を自宅で学べる!日本最大級の通信講座・ケイコとマナブ

資格の勉強のコツ

関連エントリー

◆高校受験の勉強方法を教えます
◆受験勉強は、薄い問題集をたくさんこなそう
◆暗記ものはリラックス姿勢で
◆子供の勉強方法
◆覚え方について
◆私の通っていた塾の話。
◆塾で勉強をした思い出
◆役に立った資格とあまり役に立たなかった資格
◆役立った資格と役立たなかった資格
◆英語ができるからといって幸せとは関係ない
◆私が日本の英語教育について思うこと
◆英語の上達は留学が一番だと思う
◆宅建を持ってます
◆有機溶剤作業主任者の認定を受けられました
◆私の持っている資格
◆体験で農業をしてみたい
◆受験に打ち勝つには学習塾が欠かせない
◆以前より学習塾が多くなった気がします